日本ビクターは、光が美しくゆらぐ「大型レインボーディスプレイ」を搭載したカセット付CD-MDポータブルシステム「Clavia RC-L1MD」を9月1日に発売する。カラーは、シルバー、ホワイト、ブラック、ピンクの4色。価格はオープンで、実勢価格は3万4000円前後。

 「Clavia」シリーズは、変化する光が美しい「レインボーディスプレイ」や、音で動作を知らせる「お知らせサウンド」などを搭載し、見た目も使い勝手も楽しいMDラジカセ。さらに新製品では、光が美しくゆらぐ7種類のパターンと5種類の単色モードを選べる「大型レインボーディスプレイ」を搭載。また、床などの低い場所に置いてもリスナーの耳元まで音をしっかり届ける「サウンドリフター」を搭載し、臨場感豊かなサウンドを実現した。

 このほかの特徴は、(1)全モードでCDからMDへの最大5倍速録音が可能、(2)やすらぎを感じる音場効果を実現する独自開発の再生回路「αサウンド」を搭載、(3)NATURAL/SMOOTH/DEEPの3つの音場効果を選択可能、(4)MDLPで録音されたMDの選曲に便利な「MDグループ検索」機能を搭載――など。