トリスター(小俣信彦社長)は、自動的に直前入札できるオークション自動落札ソフト「Power Auction」と、高速ダウンロードソフト「INTERNET POWER DOWNLOAD 3.0」を8月5日に発売する。価格は「Power Auction」が5229円、「INTERNET POWER DOWNLOAD 3.0」が7329円。<br />


 トリスター(小俣信彦社長)は、自動的に直前入札できるオークション自動落札ソフト「Power Auction」と、高速ダウンロードソフト「INTERNET POWER DOWNLOAD 3.0」を8月5日に発売する。価格は「Power Auction」が5229円、「INTERNET POWER DOWNLOAD 3.0」が7329円。

 「Power Auction」は、オークションを選択して予算を指定するだけで自動的に直前入札するソフト。ブラウザの自動操作ではなく、独自開発の高速オークション入札エンジンを利用してオークションサイトに直接接続するため、直前の混雑している時間帯でも入札できる。

 また、現在の価格をブラウザで表示する場合、画面を何度もリロードする必要があった点を改善。価格のリアルタイム表示を実現した。また出品支援としてフォームの入力作業を自動化し、ボタンを押すだけで商品情報をブラウザに記入されるようにした。

 一方、「INTERNET POWER DOWNLOAD 3.0」は、ダウンロード速度を最大15倍に高速化し、ストリーミングの保存、一括ダウンロードなど高度な機能を搭載したダウンロードソフト。画面キャプチャと録音による保存ではなく、通信自体をそのままファイルとして保存する。さらにRTSP、MMSなどのプロトコルに対応し、ストリーミングファイルをそのまま高画質で保存できる。