日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフトは8月2日、ミッションクリティカルシステム分野での協業を拡大すると発表した。

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフトは8月2日、ミッションクリティカルシステム分野での協業を拡大すると発表した。

 両社はこれまで、「Windows Server System」によるミッションクリティカルシステム導入後、安心してシステムが運用できるように、世界で初めて、両社共同で顧客の問題解決にあたる「ジョイント・ミッション・クリティカル・サポート・センター(JMCSC)」を設立するなどの協業を行ってきた。さらに今回、これらの取り組みを拡大・強化し、「Windows Server System」をベースとしたミッションクリティカルシステム市場のさらなる拡大を目指す。

 具体的には、「Windows Server System」によるミッションクリティカルシステム構築の知識集約に向け、新たに日本HP社内に「Windows Professional Technology Center(WPTC)」を設立、11月から本格稼働を開始する予定。マイクロソフトは、設立と運営に対する技術情報の提供や、具体的な案件に即した製品・ソリューショントレーニング、「マイクロソフト・コンサルティング・サービス」との密接な協業推進などの支援を行う。

 また、「WPTC」との連携による「JMCSC」の機能拡張を実施。「Windows Server System」ベースのミッションクリティカルシステム提案から構築、保守サポートまですべてのフェーズの技術情報を集約することで、システム構築時の問題解決の効率化などを図る。

 さらに、「Windows Server System」ベースのシステムに関する障害の切り分け、ハードウェア、Windowsに関する保守サポートを日本HPが一貫して提供する「マイクロソフト・HPジョイントサポート」を開始。保守サポートのレスポンスタイムの短縮や障害の早期解決を実現する。