マイクロソフト(ダレンヒューストン社長)は、Windows OSの次バージョン「Windows Vista」において日本語フォント環境を一新し「JIS X 0213:2004」規格に対応すると発表した。さらに、同OSに搭載する日本語ClearTypeフォント「メイリオ」の開発も明らかにした。

 JIS X 0213:2004は「国語施策として示されている印刷標準字体」と「法令に基づく施策である新人名用漢字」の双方に対応した最新のJIS規格。新OSでは、MSゴシックの3書体(MS ゴシック、MS Pゴシック、MS UI Gothic)、MS明朝の2書体(MS 明朝、MSP明朝)などが対応を予定する。

 新フォント「メイリオ」は、画面表示時でも印刷時でも明瞭で読みやすい「サンセリフ系(角ゴシック)」フォントで、特に液晶画面上の可読性を考慮しているのが特徴。レギュラーフォントとウェイト差を持つ「見出し用ボールド」が追加され、メリハリのあるレイアウト構成も可能となる。