キヤノンは、最大B0ノビサイズ(44インチ幅)に対応する大判インクジェットプリンタ「imagePROGRAF(イメージプログラフ) W8400」の染料インクモデルを8月3日に発売する。価格は税別59万8000円。

 05年3月に発売した「顔料インクモデル」に続き、今回新たに普通紙やコート紙など廉価な印刷メディアにも発色のよさを発揮する「染料インクモデル」を追加、大判プリンタのラインアップの充実を図る。

 主な特徴は、(1)廉価な印刷メディアにも発色のよさを発揮する染料インクを採用、(2)同梱するポスター作成ソフト「PosterArtist」のポスター簡単作成機能を大幅に強化、(3)4plの極小インク滴による高画質、(4)1インチ幅の超多ノズル・高密度プリントヘッドによる高速出力――など。

 今回、機能強化を図った「PosterArtist」は、小売、流通、飲食、文教、一般オフィスといった各業種向けテンプレートやクリップアートを使い高品位なポスターを簡単に作成できるソフト。染料インクモデルの発売にあわせ、(1)作成したポスターをテンプレートとして登録して再利用できる「マイテンプレート」機能の搭載、(2)訴求力やインパクトのあるポスターの作成を可能にする文字機能の強化、(3)地図など地域性のあるクリップアートの追加――などの編集機能を充実させた。