ソーテック(山田健介社長)は、CPUに「AMD Turion 64モバイル・テクノロジMT-28」を搭載した高性能ノートPC「WinBook WV830シリーズ」と、モバイルAMD Sempronプロセッサ2800+を搭載した低価格ノートPC「WinBook WV761シリーズ」を発売した。8月上旬から順次出荷する予定。液晶サイズはともに15型で、2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

 「WV830シリーズ」は、高速で低電力な「AMD Turion 64モバイル・テクノロジ MT-28」、512MBメモリ、80GB HDDを搭載。省電力化やセキュリティ対策機能を強化したCPUを採用することで、快適な使用感を実現している。価格は、標準モデルが12万9800円、「Office2003」搭載モデルが14万9800円。

 「WV761シリーズ」は、前モデル(WinBook WV760)からCPUとHDDをアップグレード。CPUは「モバイルAMD Sempronプロセッサ2600+」から「モバイルAMD Sempronプロセッサ2800+」に、HDDは40GBから60GBに強化した。価格は据え置きで、標準モデルが9万9800円、「Office2003」搭載モデルが11万9800円。