So-netを運営するソニーコミュニケーションネットワークは、携帯型ゲーム機「PSP」などの再生対応機器で高品質映像を視聴できるビデオ・オン・デマンドサービス「Portable TV(P-TV)」を7月27日から開始する。

 「P-TV」は、多くの有力コンテンツ事業者が提供する幅広いジャンルのH.264/MPEG-4 AVC対応映像コンテンツをサービスページから選択し、パソコン経由でメモリースティックにダウンロードすることで、気軽にいつでも映像コンテンツを楽しめる“Mobile VOD”を実現するサービス。

 まずは無料コンテンツの提供から開始し、今後、映画本編、音楽、バラエティなどの有料コンテンツを順次追加、レンタルサービスを開始する予定。また、さまざまなジャンルを提供するコンテンツ事業者とも積極的な提携を進めていく。

 7月27日のオープン時には、映画予告編、独立系映画、スポーツ、音楽、韓国ドラマ、アニメ作品の第1話など約100本の無料コンテンツを用意する。

 サービス対象は、So-netブロードバンド会員およびSo-netこんてんつコース(入会金・月会費無料)利用者。使用できるメモリースティックは、メモリースティック PRO デュオとメモリースティック デュオで、512MB以上を推奨。動画の解像度はQVGA(320×240ピクセル)。

 また、PSPで再生する場合は、PSPのシステムソフトウェアをバージョン2.00(7月27日に提供予定)に上げる必要がある。ダウンロードするPCは、Windows Professional/Home Edition SP2以上のWindows OS、Internet Explorer6.0 SP1以上のブラウザ、USB1.0以上(2.0推奨)のUSBポート、ブロードバンド接続環境が必要。