エクストラは、視覚障害のあるユーザーの就労・学習・生活を支援する、スクリーンリーダー「JAWS for Windows Version 6.2 日本語版」を7月27日に発売する。

 「JAWS for Windows」は、パソコンの画面やウィンドウに表示されている情報や入力情報を読み取り音声化するソフト。強力な「スクリプティング機能」を備え、Webブラウザ/ワードプロセッサ/スプレッドシートなどの各種アプリケーションが画面に表示する情報を過不足なく読み上げ、マウスのような視覚を要するデバイスを使わなくても、キーボードだけで操作できるようにするもの。

 今回の日本語版では、日本語移植に、静岡県立大学の石川 准教授をプロジェクトリーダーとするチームが当たった。教授以下、メンバー5人のうち4人が全盲の技術者というチームで、日本語環境で求められる「IMEの読み上げ機能」など日本語処理機能を拡充、操作環境を向上するなど、完成度の高いスクリーンリーダーを目指した。