インターチャネル(羽室文博社長)は、クセロ(森 真一代表取締役)が開発したPDF作成・編集ソフト「かんたんPDF編集」を8月26日に発売する。価格は、パッケージ版が4980円、ダウンロード版が3780円。

 PDFへの文字・コメント・図形・画像などの挿入が可能な「上書き編集機能」を備えたのが特徴で、5000円未満のパッケージ版PDF作成ソフトとしては初めて。さらに、重要文書の処理に適した「セキュリティ設定」機能、既存のPDFファイルの結合や分割機能、複数文書の一括変換などを搭載。ドラッグ&ドロップの簡単な操作でハイクオリティなPDFを作成できる。

 開発は業務用PDFソフトで定評のあるクセロ。同社独自のPDF変換技術によって、元の文書のクオリティに忠実にしながらファイルサイズをコンパクト化。メールやWebでの配布に適した、画質とサイズのバランスのよいPDFを作成可能とした。対応OSは、Windows XP/2000。