アイ・オー・データ機器は、ATAPI対応内蔵型のDVDドライブ「DVR-4167LE」と「DVR-3540LE」を発売する。いずれも片面2層DVD±R書き込みに対応し、セキュリティ機能搭載ライティングソフト添付のバリューモデル。価格はオープンで、推定価格と発売時期は「DVR-4167LE」が7890円で8月上旬、「DVR-3540LE」が6880円で7月下旬の見込み。

 「DVR-4167LE」は、基本性能を充実させたスーパーマルチドライブ。2層DVD±R、DVD-RAM(カートリッジDVD-RAMには未対応)など全11種類のメディアに対応し、DVD±Rで16倍速、DVD+RWで8倍速、2層DVD+RおよびDVD-RWで6倍速などの高速書き込みが可能。ドライブには日立製作所製「GSA-4167B」を採用。ファンレスモデルでありながら、ケースには十分な放熱設計を施した。

 「DVR-3540LE」は、書き込み速度にこだわった高速デュアルドライブ。合計10種類のメディアに対応し、2層DVD+Rで8倍速、2層DVD-Rで6倍速をはじめとする高速書き込みを実現した。また、1層DVD±Rではメディア表記倍速以上で書き込める「オーバースピード」機能を搭載し、8倍速メディアで16倍速の高速書き込みが可能。ドライブには、NEC製「ND-3540A」を採用。

 2機種とも、セキュリティ機能搭載のライティングソフト「B's Recorder GOLD8 Security」を添付。パスワード保護や複製防止機能、暗号化機能も搭載している。