アビー(坂口信貴社長)は、現在市販されるIntel社、AMD社のすべてのプロセッサに対応する最新規格ATX12V Ver.2.2(SSI-EPS12V互換)の電源ユニット「ER-2520A」を7月28日に発売する。Pentium D、Pentium Extreme Edition、Athlon64 X2などのデュアルコアプロセッサのほか、Xeon、Opteronプロセッサなどにも対応する。価格はオープンで、市場想定価格は1万8800円前後。

 同社の現行機種「ER-1480A」の上位機種にあたる製品で、ユーザーが任意でパワーケーブルを抜き差しできるイージープラグシステムを採用した。また、カッパーシールディングを施したスリムラウンドケーブルの採用によって、ワークステーションやサーバーなどの多くのストレージを必要とするパワーマシンを構築する場合でも、PCケース内部のエアフローを大幅に改善し、冷却効率向上を図った。

 このほかの特徴は、(1)6ピンPCI Expressコネクタケーブル2本を標準装備しSLIに対応、(2)ユーザーの利用用途に応じて+12Vを1レールまたは2レールに切替可能なターボパワースイッチの搭載、(3)豊富なコネクタと十分なケーブル長を確保――など。