ヤフー(Yahoo! JAPAN)は7月19日、同社メールサービス「Yahoo!メール」にメールの送信元のドメインを認証する技術「DomainKeys」を導入したと発表した。個人情報を盗用するフィッシング詐欺や送信元になりすました迷惑メールに「Yahoo!メール」が悪用されることを防止することが目的。

 「DomainKeys」をメールサーバーに導入すると、メールを送信する際に暗号化された電子署名が自動的に添付される。このメールを受信したサーバーは、受信の際に添付された署名の内容が送信者欄に記されたドメインのものであるかを照合。送信元のメールアドレスを偽装したフィッシングメールや迷惑メールでは正しい署名を添付できないため、届いたメールが偽装メールであるか受信サーバー側で判断できるという仕組み。このため、送信ドメイン認証技術の導入が拡大するほど、より高い迷惑メール対策効果が期待できる。

 今回の「DomainKeys」導入では、まず、ウェブを介して「Yahoo!メール」から送信されるメールの一部に電子署名を添付し、05年8月末をめどにすべてのメールに電子署名を添付する。また、「Yahoo!メール」に届いたメールをウェブ上で確認する際、そのメールに「DomainKeys」の電子署名が添付されているかが一目でわかるようにするなど、「Yahoo!メール」の機能を拡張する予定。

 今後同社では、「DomainKeys」による送信ドメイン認証の標準化を推進してていくほか、「Yahoo!メール」だけでなく、あらゆる電子メールサーバーで「DomainKeys」が導入されるよう、積極的に普及活動を行っていく。