昭和電工(高橋恭平社長)は、垂直磁気記録方式用ハードディスクの量産出荷を世界で初めて開始した。

 垂直磁気記録方式は、現行の面内記録方式では限界に近づきつつあるハードディスク記録容量の大幅な拡大を可能にする技術。面内記録方式がディスク面に水平に磁気を記録するのに対し、垂直磁気記録方式は縦方向に記録するため、記録密度を大幅に高めることができる。

 同社が量産を開始するのは、携帯音楽プレーヤー向けに需要が増大する1.89インチサイズのハードディスクで、記録容量は従来の面内記録方式の2倍となる1枚あたり40ギガバイト。06年3月までにハードディスク月産能力を305万枚増産し、1375万枚にする計画しており、増産時に新設するラインをすべて垂直磁気記録方式に対応させる。

 また、世界最小となる0.85インチサイズのハードディスクについても、量産を開始した。携帯電話への搭載を予定しており、年30%の需要の増加を見込んでいる。