マイクロソフトは、WindowsやOfficeなどの更新プログラムを一括提供する新たなアップデートサービス「Microsoft Update」を提供開始した。

 同社はこれまで、Windowsは「Windows Update」、Officeは「Office Update」など、各製品のWebサイトからそれぞれの更新プログラム提供してきた。新サービスの「Microsoft Update」では、複数のマイクロソフト製品の更新プログラムを、単一のWebサイトとユーザーインターフェイスを通じて一括提供する。また、「自動更新機能」によって、WindowsやOfficeなどの優先度の高い更新プログラムを自動的に適用する。

 サービスの対象となるのは、「Windows Genuine Advantageプログラム」(正規Windows推奨プログラム)によるライセンスの確認に協力したユーザーで、ライセンスの確認後は、今後提供される追加機能や更新プログラムを継続して利用することができる。

 利用可能なプラットフォームは、Windows 2000ファミリ(Datacenter Editionを除く)/XPファミリ/Server 2003ファミリ。更新プログラムを提供する製品は、これらに加え、Office XPおよびOffice 2003(今後の後継製品を含む)/Exchange 2000 ServerおよびExchange Server 2003(今後の後継製品を含む)/SQL Server 2000 SP4(今後の後継製品を含む)。