ソニーは7月13日、28V型液晶テレビLCD WEGA「KDL-L28HX2」(ディスプレイユニットLDM-2810)について、設計・製造上の不備により、まれに感電したり、ショートによってブレーカーが落ちる恐れがあるとして、無償で点検・修理を行うと発表した。対象台数は約1万6000台。

 無償で点検・修理を行うのは03年11月から05年5月にかけて製造された液晶テレビ「KDL-L28HX2」(ディスプレイユニットとメディアレシーバーから構成されるチューナーセパレート型)。当該機種の一部で、ディスプレイユニットおよびメディアレシーバーユニットの金属端子部分に触れるとまれに感電する危険性があること、また、まれにショートしてブレーカー(遮断器)が落ちるなどの危険性があること判明したため、これに対応する。

 原因についてソニーでは、「当該機種の一部において、設計・製造上の不備に経年変化及び外部からの振動や衝撃が加わることでコンデンサーの足が絶縁シートを貫通しシャーシに接触、ショート状態となる可能性がある」としている。なお、対象機種である「KDL-L28HX2」の「LDM-2810」の型番は、ディスプレイユニットの保証書、またはディスプレイ本体の背面中央(図)に表示されている。

 案内はホームページと7月14日付の新聞告知により順次実施。フリーダイヤルで受け付けしたのち対象機種の無償点検・修理を行う。専用対応窓口はソニーテレビ 受付センター(0120-789-430、PHS・携帯可)で、受付時間は平日が9時?20時、土・日・祝日は9時?17時(年末年始を除く)。