マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は7月12日、カーナビゲーションシステムなどの車載情報端末向けソフトウェアプラットフォームの最新版「Windows Automotive 5.0」の提供を開始したと発表した。「Windows CE 5.0」をベースにしたプラットフォームで、自動車メーカー、車載情報端末メーカー、車載情報端末開発者などに供給していく。<br />


 マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は7月12日、カーナビゲーションシステムなどの車載情報端末向けソフトウェアプラットフォームの最新版「Windows Automotive 5.0」の提供を開始したと発表した。「Windows CE 5.0」をベースにしたプラットフォームで、自動車メーカー、車載情報端末メーカー、車載情報端末開発者などに供給していく。

 前バージョン「Windows Automotive 4.2」に比べ、ユーザーインターフェースの構築をパソコン上で可能にする開発パッケージ「Automotive User Interface Toolkit(AUITK)」の機能強化を図ったほか、メモリやCPU処理時間などのシステムリソースを適正配分するためのチューニングツール「Automotive System Tools(AST)」を新たに搭載した。

 マイクロソフトはこれまでも、同プラットフォームの開発にあたっては「カーナビ先進国である日本の企業と米マイクロソフト本社による共同体制」(米マイクロソフトのトッド・ウォーレン・デバイス・サービス・eXperienceグループ担当副社長)を敷いており、すでにアルパイン、クラリオン、ケンウッド、鳥取三洋電機、パイオニア、松下電器産業、三菱電機の計7社に対し供給実績がある。

 なお、最新バージョンの出荷目標、ライセンス価格については「明らかにしていない」(同)としている。