三洋電機は、過昇温防止機能付き市販用ニッケル水素電池「Toy Cell(トイセル)」シリーズを7月21日に発売する。価格は、単3形ニッケル水素電池「トイセル」の2個セット「HR-3GA-2BP」が1000円、「トイセル」2個と急速充電器1台のセット「N-GA1S」が2500円。<br />


 三洋電機は、過昇温防止機能付き市販用ニッケル水素電池「Toy Cell(トイセル)」シリーズを7月21日に発売する。価格は、単3形ニッケル水素電池「トイセル」の2個セット「HR-3GA-2BP」が1000円、「トイセル」2個と急速充電器1台のセット「N-GA1S」が2500円。

 安全に配慮した設計で、携帯ゲーム機など電池を使ったおもちゃへの使用にも適しているのが特徴。温度保護素子(PTC素子)を電池に内蔵し、電池をショートさせたり、+と-を逆に入れるなど誤った使い方をした場合でも、異常発熱や漏液発生を防止する。この高い安全性が評価され、任天堂の「ゲームボーイアドバンス」対応のライセンス商品に認定された。

 充電池は繰り返し使えるため、乾電池に比べ経済的なうえにゴミも削減でき、リサイクルも可能な環境配慮型商品として評価が高い。しかし子どもが使用するおもちゃへの使用は、安全面から推奨されていなかった。

 三洋電機では、トミーと共同でおもちゃでの使用にも適した新しい充電池「Every Denchi」を開発、03年11月からトミー商品として販売してきた。さらに今回、自社商品として「Toy Cell」シリーズを発売し、おもちゃ市場に対しても、環境に配慮した充電池を利用するよう積極的に展開していく。