NEC(金杉明信社長)は、ワークステーション「Express5800/50シリーズ」の中位モデル「Express5800/54Xd」と、省スペースモデル「同 53Xc」を7月29日に発売する。

 「Express5800/54Xd」は、インテルのデュアルコアプロセッサ「PentiumD 840(3.20GHz)」を搭載した中位モデル。同プロセッサの採用により、複数処理の高速実行を可能にした。また、OSに「Windows XP Professional x64 Edition」を採用し、大容量メモリーの活用、64ビット処理による高速化などを実現した。さらに、グラフィックスアクセラレータには、「nVIDIA Quadro FX 3400」や「nVIDIA Quadro FX 540」などを搭載可能で、高い処理能力が要求される3D CAD・CGなどの用途にも使用できる。価格は、PentiumD 840(3.20GHz)、1GBメモリ、80GB HDD、CD-R/RW with DVD-ROM、Quadro FX 1400、Windows XP Professionalという構成で36万8000円。プロセッサをPentium4 650(3.40GHz)に、グラフィックスアクセラレータをQuadro FX 540とした場合は、26万3000円。

 「Express5800/53Xc」は、「同 54Xd」に対して、設置面積比で66%、容積比で49%省スペース化したきょう体に、「Pentium4 670(3.80GHz)」プロセッサを搭載する。省スペースながらも最大4GBのメモリ、オンボードRAID+内蔵HDD 2台によるミラーリング構成を可能とするなど、優れた拡張性・信頼性を持つ。価格は、Pentium4 630(3GHz)、1GBメモリ、80GB、HDD、CD-R/RW with DVD-ROM、FireMV 2200、Windows XP Professionalの構成で22万7000円。プロセッサをPentium4 660(3.60GHz)、グラフィックスアクセラレータをQuadro FX 540とした場合、28万4000円。