カノープス(藤原睦朗社長)は、カット編集機能付き動画ファイル変換ソフト「かんたん換太郎シリーズ」の新製品として、「かんたん換太郎エディット for Nintendo」を8月5日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3000円前後の見込み。

 「かんたん換太郎エディット for Nintendo」は、パソコン内の動画ファイルを任天堂の「プレイやん」を使って対応携帯ゲーム機で再生可能な動画ファイル形式に変換し、SDメモリカードに自動で転送するソフトウェア。カット編集機能を備えており、MPEG2、WMV、DivX Video、AVI、MPEG1、MPEG4(Nero Digital)などのさまざまなフォーマットの動画ファイルを「フレーム単位」でカット編集してから転送することができる。複数ファイルの変換処理に対応するため、まとめて変換・転送することも可能。

 松下電器産業のAVソフトコーデック「MediaArtist」シリーズのMPEG-4 Codecを採用することで、高圧縮なMPEG-4(ISO/IEC 1496-2)Visual Simple Profile@L0-03フォーマットへの変換を実現した。なお、対応するのは、mp4形式のみになるため、別途「プレイやん」のファームウェアのバージョンアップが必要となる。

 「プレイやん」は、SDメモリーカードに記録したムービーや音楽を再生できるポータブルAVプレーヤー。対応携帯ゲーム機(ゲームボーイアドバンスSP・ニンテンドーDS)に装着して利用する。