NEC(金杉明信社長)のインターネットサービス「BIGLOBE」は、国内ISPとして初めて、自社メールサーバーを経由しないメール送信(直接送信)によるメールの流量制御を7月中旬から実施する。これにより、BIGLOBE経由から送信される迷惑メールの9割削減を実現する。

 迷惑メールの送信では、BIGLOBEのメールサーバーを経由せずに、自営や他ISPのメールサーバーなどから直接送信されるケースが増加しており、BIGLOBEから送信される全メールの90%を占めるまでになっている。

 今回の迷惑メール送信対策は、同一IPアドレスから直接送信で大量に送信されるメールについて、送信可能流量を制御するもの。他ISPで従来行われていた、直接送信を完全にブロックする方法では、悪意のないユーザーも制限されていた。しかし、今回の対策では、自社でメールサーバーを運用する企業など、悪意のない直接送信者に影響を与えずに、大量メール送信者だけを対象とした送信対策が可能。ISPを乗り換えながら短時間で大量メールを送信する手口や、ウイルス感染によるゾンビPCを使った大量送信にも対応できる。

 BIGLOBEでは、迷惑メールブロックサービスやドメイン詐称メールの受信拒否などで、迷惑メール総合対策基盤「SMBA」(Spam Mail Blocking Architecture)を構築、今後も関係省庁や関係団体との連携により、「SMBA」の強化を継続・推進していく。