ギガスケーズデンキ(加藤修一社長)と上新電機(土井栄次社長)、ベスト電器(有薗憲一社長)の3社は、ゲートウェイ社のemachines・Gateway PCを05年夏モデルから共同購入・販売すると発表した。

 最近のパソコン市場は、すでに70%を越える普及率となり、AV機能などが強化された高価格帯PCと、必要最小限の機能とソフトに特化した低価格のストレートPCに二極化されてきている。また、日本国内のパソコン市場では低価格のストレートPCへの注目が集まっている。

 こうしたことから、今回ブランド力・品質・将来性などの点で急成長しているemachines・GatewayのPCを3社で販売することとした。これによって3社は、幅広い販売チャネルの拡大につなげることができるとしている。

 なお、上新電機では、西日本における輸入販売元として04年8月から、emachines・Gateway PCの販売を行っている。