カノープス(藤原睦朗社長)は、企業、官公庁での映像資料作成などに最適な映像編集ノンリニア編集ワークステーション2機種を発売する。価格と発売日は、ハイスペックモデル「REXCEED MODEL350V」が税別98万円(7月下旬)、エントリーモデル「REXCEED MODEL300V」が同69万8000円(8月下旬)。

 「REXCEED MODEL350V」は、DV/HDV解像度のリアルタイムビデオアウト対応編集ワークステーションで、HDコンポーネント端子を搭載し、ハイビジョン対応モニターやテレビを接続して編集中の映像をリアルタイムにモニターできる。SD解像度のコンポジット、S信号の入出力、HD/SDコンポーネントの出力が可能。Xeon 2.8GHzのデュアルプロセッサと編集用ハーディスクRAID0 500GBを搭載する。

 「REXCEED MODEL300V」は、DV/HDVフォーマットの編集に対応し、ハイコストパフォーマンスなノンリニア編集ワークステーション。従来より性能を強化しつつ、価格を据え置いた。SD解像度のコンポジット、S信号の入出力、SDコンポーネントの出力が可能。新プロセッサ・Intel Pentium D 840と編集用ハーディスクRAID0 320GBを搭載する。

 2機種共通の特徴は、(1)同社編集ボード「VELXUSシリーズ」を搭載、(2)HPの高性能ワークステーションを採用、(3)HDV編集ソフト「EDIUS Pro 3」を始め、充実した多数のソフトをバンドル――など。