シマンテック(杉山隆弘社長)は、ウイルス対策ソフトウェア「Norton AntiVirus 10.0 for Macintosh」を8月5日に発売する。価格は1万290円で、旧バージョンの登録ユーザーにはアップグレード価格で発売する。

 今回の新版では、「グローバル脅威評価機能」と特定ファイルのスキャン、セーフゾーンのカスタマイズに対応したのが特徴。グローバル脅威評価機能では、Mac OS X 10.4「Tiger」のDashboard機能を利用して、PCのウイルス対策状況と、WindowsとMacintosh両OSに関する最新のウイルス3種と重要度の高い3種を表示し、その危険度を評価する。

 また、特定ファイルのスキャンでは、コントロールキー+クリックで表示されるコンテクストメニューから、特定のディレクトリやファイルを素早くスキャンできるようになった。セーフゾーンのカスタマイズ機能は、ドライブ内の特定の領域(ボリュームやファイル)ごとにスキャンを行なうか否かを設定できる。