キヤノンは、高画質な写真プリントが楽しめる新コンセプトのパーソナルFAX「FAXPHONE PLシリーズ」2機種4モデルを8月上旬から順次発売する。ラインアップは、「キヤノン FAXPHONE CF-PL95」「同 CF-PL90」、それぞれに子機を2台を標準装備した「CF-PL95W」「CF-PL90W」。<br />


 キヤノンは、高画質な写真プリントが楽しめる新コンセプトのパーソナルFAX「FAXPHONE PLシリーズ」2機種4モデルを8月上旬から順次発売する。ラインアップは、「キヤノン FAXPHONE CF-PL95」「同 CF-PL90」、それぞれに子機を2台を標準装備した「CF-PL95W」「CF-PL90W」。

 新製品は、メモリーカードを専用スロットに差し込んで写真を印刷できる「カードダイレクト」やデジタルカメラからの画像を直接プリントできる「カメラダイレクト」、カメラ付き携帯電話からのワイヤレス出力が可能な「プリントビーム」など、さまざまなダイレクトプリントに対応。FAX専用機ならではの優れた基本性能や便利な機能を備えつつ、世界で初めて高画質なダイレクトフォトプリントを可能にした。印刷スピードも、L判フチなし写真で約97秒と高速。

 このほかの特徴は、(1)簡単操作をサポートするタッチパネル式大型液晶ディスプレイを搭載(「CF-PL95」が8.9インチ、「CF-PL90」が5.1インチ)、(2)「FAXを送る」「メモリーカードから印刷」など8つの機能の操作方法を案内する「ナビ」ボタンを装備、(3)携帯電話への通話料を安くする特定の事業者番号を毎回自動的につけてダイヤルする「固定発携帯着機能」を搭載――など。

 価格はすべてオープンで、実勢価格は「CF-PL95」が6万3000円前後、「CF-PL95W」が7万3000円前後、「CF-PL90」が5万円前後、「CF-PL90W」が5万8000円前後の見込み。