レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は、6月8日に製品発表したB5コンパクト・タブレットPC「ThinkPad X41 Tablet」を7月6日に発売した。ダイレクト価格は26万1450円。

 「ThinkPad X41 Tablet」は、通常のノートPCとしての機能に加え、付属の専用デジタイザー・ペンによる入力機能を兼ね備えたタブレットPC。ノートパソコンとして利用する「ノートブック・モード」や、液晶画面を180度回転させてキーボードの上に閉じペン入力による使用を中心とする「タブレット・モード」など、使用する状況にあわせて4つの形態を選べる。

 さらに、「ThinkPad」で初めてセキュリティ管理の利便性を高める双方向指紋センサーを搭載。タブレット・モード、ノートブック・モードのどちらからでも指紋をスキャンできる。このほか、パスフレーズによる個人認証の強化やデータの暗号化を可能にする「IBM エンベデット・セキュリティー・サブシステム」、トラブルから迅速な復帰を可能にする「Rescue and Recovery」によって、信頼性を高めている。

 液晶パネルは、画像のくすみを最小限に抑えるアンチ・グレア、写り込みを抑えるアンチ・リフレクション加工を施し、また傷や指紋が目立たないよう考慮したコーティング手法で設計。また、170度の広い視野角を確保した。少人数で画面を共有するなど、ミーティング場面で利用できる。

 また、あわせて17型TFT液晶モニタ「ThinkVision L171」を発売する。ウルトラ・ナロー・ベゼルの採用による高い省スペース性が特徴。ダイレクト価格は3万8850円。