丸紅インフォテック(梅崎哲雄社長)は、ALTEC LANSING Technologies Inc.のポータブルスピーカーシステム「inMotion iM7」「inMotion iM4」を7月中旬から順次発売する。価格は、「iM7」が2万8800円,「iM4」が1万2800円。なお、「InMotion iM7」は、7月から9月までの3か月間、AppleStore限定専売品として販売する。

 「inMotion iM7」は、販売中のポータブルスピーカーシステム「inMotion」シリーズの最上位機種で、ドッキングコネクタ装備のiPod、iPod mini、iPod Photoを本体クレードルに収納してiPodと一体でもち運びができる。2ウェイ4スピーカー+サブウーハーのオールインワン構成で、XdBによる重低音再生を搭載した音響は、ホームオーディオに匹敵する品質と出力をもつ。

 このほかの特徴は、(1)iPodをクレードルに収納したままで充電を行える、(2)リモコンでスピーカーとiPodの基本制御が可能、(3)iPod Photoの画像出力をTVに接続するビデオ端子も装備、(4)補助入力ジャックによりポータブルオーディオやDockコネクタをもたないiPodシリーズにも対応、(5)AC電源だけでなく電池による駆動も可能――など。

 また、「inMotion iM4」は、ポータブルオーディオ全般に使用できるアナログ入力機。もち運び時はフラットな形状、使用時はスピーカーをフリップアップして単3乾電池4本で最大18時間の連続使用が可能。ウーハーなしでも低音の質感を得られるMAXXBASS音響技術を採用しているほか、本体に巻き取り収納するオーディオケーブル、スピーカーのボディに載せたオーディオ機器が滑らないラバライズドベースなど、ポータビリティに徹した設計となっている。