ヒサゴ オフィスプロダクト事業部は、ビジネス向け紙製品ブランド「Wazabee(ワザビー)シリーズ」に、はがきに貼るだけで情報が隠せる「目隠しラベル/地紋」2アイテムを追加し、7月7日に発売する。

 ラインアップは、シート50枚(ラベル200枚)をパックにした大入りタイプ「目隠しラベル はがき用4面/地紋」(4面タイプ50シート入り、8610円)と、はがき1/2サイズの「目隠しラベル A4・8面/地紋」(8面タイプ5シート入り、1260円)の2アイテム。どちらも、はがきに貼るだけで手軽に情報を隠すことができるもの。台紙ごとミシン目で切り離せるので、アンケートや個人情報のをはがきなどで送る際に利用できる。

 表面には地紋が入っており、ラベルの裏も黒地なので内容が透けないのが特徴。貼り付け後、1度でもはがすと2度と接着しないしくみになっているため、内容を見られたかどうかがすぐわかる。第三者による情報漏えいや情報の改ざんを防ぐことができる。

 同社は、このほかプライバシー保護関連商品として、圧着機不要で印刷して貼るだけで送れる「親展はがき」 、受取人が安心して捨てられるラベル「プライバシー保護タックシール」、コピー判別が可能な「マルチプリンタ帳票 すかし」、裏地紋入りで封筒に入れても印刷内容が透けない「マルチプリンタ帳票」を発売している。