シスコ・リンクシス(黒澤保樹社長)は、無線LANコンパクトルータ「WRT54GC-JP」と、同製品と無線LAN PCカードをセットにした「WRT54GC/P-JP」、無線LAN PCカード「WPC54G-JP V5」の3製品を7月9日に発売する。価格はすべてオープンで、市場推定価格が「WRT54GC-JP」が8980円、「WRT54GC/P-JP」が9980円、「WPC54G-JP V5」が2980円。

 「WRT54GC-JP」は、洗練されたデザイン、98mm×98mm×25mmとコンパクトなボディに54M無線LANアクセスポイント(IEEE802.11 b/g)、ファイアウォールルータ、10/100 4ポートスイッチングHUB(AUTO MDI/MDI-X対応)を凝縮。また、高速インターネット環境でも十分なルーティングパフォーマンス78Mbpsを実現した。WPA2パーソナルにも対応する。

 付属のリンクシスオリジナル セットアップユーティリティを使って、初めて無線LANを購入する人でも簡単に設定可能。ユーティリティはインターネット接続回線の自動判別、必要な各種設定をウィザード形式となっている。図説入りでわかりやすいクイックインストールガイドも同梱する。

 一方、無線LAN PCカード「WPC54G-JP V5」は、いち早くWPA2パーソナルに対応し、強固な無線通信を実現した。対応OSすべて(Windows 98SE、Me、2000、XP)でWPA2パーソナルが使用できる。このほかの特徴は、(1)2.54M無線LAN&高感度ダイバシティアンテナ搭載、(2)すべてのOSで同じユーティリティを使用可能――などの特徴をもつ。