東芝ソリューション(梶川茂司社長)とKDDI(小野寺正社長)は、映像コンテンツの事業者間におけるデータ受け渡しを容易にする流通システムを共同で開発し、7月4日から9月末までの約3か月間で実証実験を実施する。

 現在、ブロードバンドネットワークで提供している映像配信サービスのコンテンツは、ビデオテープなどの媒体をやりとりすることで流通しているが、同システムでは、ネットワーク経由でコンテンツを受領できるようになる。このため、映像コンテンツ二次利用の活発化を期待できるという。なお、価格や配信期限などの取引は、事前に当事者同士がオフラインで行なう。

 実証実験には、アスパイアビジョン、イーステーション、BBB、ポニーキャニオン、日活など計9社とKDDIが参加し、システムにおける作業の効率化の検証やシステムの機能面・運用面での課題の洗い出しを行い、新たなビジネス展開の可能性を検証する。