デノンは、ホームシアター用途など向け高性能プリメインアンプ「PMA-2000AE」とCD/スーパーオーディオCDプレーヤー「DCD-1650AE」を7月中旬に発売する。価格はともに15万7500円。

 プレミアムシルバーのアルミフロントパネルを用いた新デザインを採用し、上級機種の設計ノウハウを取り入れてクラス最高の音質を追求する「AE(Advanced Evolution)シリーズの第1弾。

 プリメインアンプ「PMA-2000AE」は、大電流増幅素子「UHC(Ultra High Current)-MOSシングルプッシュプル」による出力段によって、繊細さと力強さの両方を再現できる。さらに今回、プリアンプ部の電源強化を行い、ローレベルでの解像度を大幅にアップ。使用部品も全面的に見直し、再生音の透明度と安定感の向上を図った。

 CD/スーパーオーディオCDプレーヤー「DCD-1650AE」は、同社のオリジナルドライブメカ、高精度マスタークロックデザイン、デジタル系・アナログ系分離のツイン構成電源トランスなど、高音質設計技術を数多く盛り込んでいる。