シャープは、サンプリング周波数111.2MHzの高速サンプリングによって、原音を限りなく忠実に再現する1ビットアンプ「SM-SX10」を7月7日に発売する。価格は25万2000円。

 フラッグシップモデル「SM-SX300」の11.2MHz高速スイッチングを継承し、これを制御する「11.2MHz 1ビットデジタルアンプ信号処理LSI」を搭載することで音の純度やリアルさを向上させた。鮮やかでナチュラルな音場を再現できる。高音質なデジタル信号をそのままアンプ入力回路に接続できるデジタルインタフェース 「i.LINK(AUDIO)端子」も装備。

 1ビットとは、デジタルで情報を処理するときの最小単位。1ビットアンプ方式では、高速サンプリング変調技術により誤差成分を高域に押し上げ、オーディオ帯域のDレンジを拡大した1ビット信号を生成する。「SM-SX10」では、CDの256倍(11.2MHzの場合)に相当する1秒間に約1120万回という超高速処理でデジタル信号に変換し、原音にきわめて近い音質を再現する。