ドイツ・ベルリン市とカシオ計算機は6月9日、来年6月に開催されるサッカーの祭典「2006 FIFA ワールドカップ ドイツ」に向けて、開催都市の一つであるベルリンに大型カウントダウンクロックを設置し、カウントダウンを開始したと発表した。

 カウントダウンクロックは、カシオの耐衝撃腕時計「Gショック」を大型の壁面サイズに描いたもので、標準電波を受信して自動で時刻修正する電波時計機能を搭載している。正確な時刻とともに06年7月9日に開かれる決勝戦までの残り日数を表示する。設置場所はドイツ・ベルリン市内の6月17日通り。大きさは、縦2.5m×横3.5m×地上高2.5m。

 さらに6月中には、このカウントダウンクロックを、ゲルゼンキルヘン、ハンブルク、カイザースラウテルン、ケルン、ライプチヒ、ミュンヘン、ニュルンベルクなど各開催都市にも順次設置し、大会に向けて雰囲気を盛り上げていく。