ベンキュージャパンは、独自のSenseye(センスアイ)技術を搭載した高画質720P対応DLPホームシアタープロジェクタ「PE7700」を6月17日に発売する。価格は49万8000円。 Senseyeは、10ビットデジタル処理によってコントラスト、カラー、シャープネスをそれぞれ自動で補正する独自の技術。同社の液晶モニタ、液晶 TVなど多くのディスプレイ製品に搭載されているもので、この「Senseye」と「720P」の高画質の相乗効果で、従来のプロジェクタを上回る大幅な高画質を実現した。 また、DLPプロジェクタの核となるDMD素子には、上位機種と同じ「DMD HD2+」を採用。ハイビジョン画質で2500:1というハイコントラストを実現した。 このほかの特徴は、(1)シアター用としては高輝度の1100ルーメン、(2)投影時の運転音を26dBという低騒音レベルに抑制、(3)HDMI端子など充実した入力端子を搭載、(4)リビングやインテリアにマッチするホワイトボディ――など。