デル(浜田宏社長)は、個人向けデスクトップパソコン「Dimension 5100C」と「同 9100」を6月7日から順次発売する。約3年ぶりにデザインを一新した。価格は「5100C」が9万1350円から(6月7日発売)、「9100」が9万9750円から(6月14日発売)。

 テレビ、オーディオ、パソコンの3つの機能を備え、ネットワークにつないで寝室、リビング、書斎などでTV番組や音楽を楽しめるのが特徴。家庭内の複数の部屋で同時に視聴することもできる。TVの視聴・録画、DVDや音楽CDの作成・再生などは専用リモコンを使用して操作可能。また、どちらも冷却効率に優れた新設計BTXシャーシを採用した。

 「5100C」は、コンパクト設計で、アルパインホワイトとアークティックシルバーを基調にしたクールなデザインが特徴のスタイリッシュモデル。HT テクノロジ インテル Pentium 4プロセッサ、PCI Expressを搭載し、最大400GBのHDDを搭載できる。

 「9100」は、デジタルホームネットワークの中心として使えるハイパフォーマンスモデル。画像処理や3Dグラフィック作成など重たい作業の複数同時処理に効果を発揮するインテル Pentium D プロセッサ(デュアルコアCPU)を搭載でき、単体で500GBのシリアルATAドライブを選択可能。RAID構成にも対応する。