ビクターは、高音質テクノロジーを搭載した携帯オーディオ2タイプ10モデルを発売する。アームレスヘッドホンタイプ「XA-AL55」は6月下旬、スクエアタイプ「XA-MP101/MP51」は7月中旬。価格はオープンで、実勢価格は「XA-AL55」が1万8000円前後、「XA-MP101」が2万7000円前後、「XA-MP51」が2万円前後。

 アームレスタイプは、小型・軽量で高音質なアームレスヘッドホンに256MBメモリを内蔵し、本体コードのわずらわしさを解消した。ネオジウムユニットとD/Aコンバーターによる高音質再生、臨場感あふれるサラウンド再生が特徴。カラーは、ブラック/ホワイト/シルバー/メタリックレッドの4色。

 スクエアタイプは、片手で操作しやすいスタイリッシュなスクエアフォルムを採用。「ダイレクトレコーディング」機能を搭載し、パソコンを使わずに直接録音できる。また、「18bitシグマデルタD/A コンバーター」や高磁力ネオジウムユニットの搭載によって、高音質にこだわった。FMチューナーと「ボイスレコーディング」機能も搭載。ラインアップは、メモリ容量1GBの「XA-MP101」(メタリックシルバー/メタリックブルー)と512MBの「XA-MP51」(メタリックシルバー/メタリックブラック/メタリックレッド/パールホワイト)の2タイプ。