サンワサプライ(本社・岡山市、山田哲也代表取締役社長)は、大型ボールを採用したスクロールトラックボール「TB-200UP」と、卓上手動タイプのシュレッダーを2製品を発売した。

 トラックボールは、直径50mmと大型の玉を使用しており、スクロール機能付きで上下左右に画面をスクロールできる。ボールは取り外し可能で、メンテナンスも容易。また、着脱可能なリストレストとPS/2-USB変換アダプタが付属する。実勢価格は3980円程度。

 シュレッダーは、CD・紙・クレジットカードが裁断できるクロスカットタイプ「PSD-11」と、シンプルなストレートカットタイプ「PSD-12」を用意。どちらも投入口に指が入らない安全設計を採用している。実勢価格は、「PSD-11」が1980円、「PSD-12」が980円程度。