アスキーソリューションズ(田北幸治社長)は、ニュージーランドのキュービック・ニュージーランド製のWindows用プロキシサーバー・ファイアウォールソフトウェア「WinGate 6 日本語版」のダウンロード版を5月31日から、パッケージ版を6月17日から販売開始する。

 価格は、「Standard版」(ダウンロード版のみ)が1万1760円から、中小規模ネットワーク向けの「Professional版」が2万6040円から、遠隔地のネットワーク間を接続するVPN機能を備えた「Enterprise版」が3万5490円から。一般企業や官公庁・学校を中心に、初年度1億円の売上を見込んでいる。

 同製品は、インターネットからの不正な侵入や攻撃を防ぐファイアウォール機能を搭載し、LANで接続された複数のパソコンをインターネット接続回線で共有できるセキュリティソフトウェア。外部へのアクセス制限や、ユーザーの利用状況など詳細なログを残せる点が特徴。

 最新バージョンでは、Windows Server 2003やWindows XP SP2に対応し、Windows環境のユーザー認証管理で広く利用されているActive Directoryとの連携により、プロキシやVPNの使用認証が可能となった。これにより、外部への接続を制限することができ、情報漏えい対策上安全性の高いセキュリティシステムの構築を実現できる。

 「Enterprise版」には、インターネット上にある複数の「WinGate」サーバー間をSSL暗号規格で通信可能な「VPN機能」を装備しており、遠隔地の事業所や出張所間をインターネット経由で安全に接続し、情報共有することが可能。また、オプションでアンチウィルスプラグインが利用できるため、eメールだけでなく、WWWプロキシやFTPプロキシによるファイル転送時にもウィルススキャンが可能など、ファイアウォールとしてセキュリティ強化を図ることができる。さらに、「eメールサーバー機能」を追加したことで、社内ネットワークにあるメインのメールサーバーに転送するリレーサーバーとして、eメール環境の構築が可能となった。