シャープは、ハードディスク一体型DVDレコーダー「DV-HR500」を6月13日に発売する。録画・再生中や放送視聴時に、番組タイトル名を仮名や漢字で本体の液晶パネルに表示する「タイトルウインドゥ」を搭載した。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。<br />


 シャープは、ハードディスク一体型DVDレコーダー「DV-HR500」を6月13日に発売する。録画・再生中や放送視聴時に、番組タイトル名を仮名や漢字で本体の液晶パネルに表示する「タイトルウインドゥ」を搭載した。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

 最大約430時間まで録画できる、250GBの大容量ハードディスクを搭載。また、番組タイトル名を液晶表示する「タイトルウインドゥ」と、ハードディスクとDVDの動作状態を3色(白:スタンバイ、青:再生中、オレンジ:録画中)のイルミネーションで表示する大型ボタン「メディアサークル」を本体に装備し、利便性を高めた。

 このほかの特徴は、(1)操作手順や専門用語を説明した冊子「かんたんガイド」を添付、(2)BSアナログチューナーを内蔵、(3)BS放送の録画予約にも対応する電子番組表(EPG)、(4)5種類のDVDディスク(DVD?RW、DVD?R、DVD+RW、DVD+R、DVD?RAM)の再生に対応、(5)DV方式のビデオカメラからデジタルダビングできるDV入力端子を装備、(6)省エネ設計で、業界トップクラスの低待機時消費電力0.2Wを実現――など。