インテル(グレッグ・ピアーソン社長、吉田和正社長)と吉本興業(吉野伊佐男社長)は6月1日、インテルのデジタルホーム構想推進で、吉本興業がコンテンツを提供し協力すると発表した。インテルのプラットフォーム技術を搭載したパソコンのユーザーに、デジタルライフの楽しみ方の提案と利用促進を図り、吉本興業のデジタルコンテンツ普及を目指す。

 インテル(グレッグ・ピアーソン社長、吉田和正社長)と吉本興業(吉野伊佐男社長)は6月1日、インテルのデジタルホーム構想推進で、吉本興業がコンテンツを提供し協力すると発表した。インテルのプラットフォーム技術を搭載したパソコンのユーザーに、デジタルライフの楽しみ方の提案と利用促進を図り、吉本興業のデジタルコンテンツ普及を目指す。

 インテルの吉田和正社長は、「半導体を作っているだけではなく、利用の仕方も提案していく」ことがインテルの戦略と語り、「パソコンやブロードバンド回線、大画面テレビと組み合わせ、デジタルホーム構想に命を吹き込むためには、コンテンツが重要になる」と協業の狙いを語った。

 吉本興業の吉野伊佐男社長は、「インテルが推進するデジタルホーム構想とコンテンツを組み合わせることで、今まで培ってきたノウハウを時代に適応させてビジネスを拡大していく」と意気込みを示した。

 第一弾として、インテルと吉本興業の米関連会社Bellrock Mediaが、吉本興業所属タレントのインパルスが出演するショート・ムービーを制作。そのほか、吉本興業関連会社でブロードバンドコンテンツ戦略会社ベルロックメディア(東京千代田区・中多広志社長)がコンテンツを配給していく。