松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は、DVDレコーダー「DIGA」の新シリーズとして、デジタルハイビジョン番組をそのままの画質で録画・再生できる“ハイビジョンDIGA”2機種を7月15日に発売する。コンセプトの「かんたん」「高画質」をさらに進化させ、主力モデルとして販売していく。

 ラインアップは、400GB HDD内蔵の「DMR-EX300」、200GB HDD内蔵の「DMR-EX100」。価格はともにオープンで、実勢価格は「DMR-EX300」が17万円前後、「DMR-EX100」が13万円前後の見込み。

 両機種とも、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵し、HDDにデジタルハイビジョン放送をそのまま録画できる「DR(ダイレクトレコーディング)モード」、テレビへフルデジタル伝送できるHDMI出力端子によって、デジタルハイビジョン番組をそのままの高画質で録画・再生できるのが特徴。

 デジタル放送とアナログ放送の各1番組をHDDに2番組同時に録画できる「デジ・アナどっちも録り」や、地上・BS・110度CSデジタル放送と地上アナログ放送の両方に対応した「テレビ番組ガイド(EPG)」なども搭載。世界初(05年6月1日現在)となる「かんたん音声設置ガイド」や、「ボタンすっきりくるくるリモコン」の採用で、使いやすさも向上させた。