エプソンダイレクトは5月31日、デスクトップパソコン「Endeavor MR2000」「Endeavor Pro3300」2機種とノートパソコン「Endeavor NT6000」を発表した。あわせて既存モデルの価格を引き下げた。

 「Endeavor MR2000」は、省スペース設計でスタイリッシュなデスクトップPC。高い基本機能とBTOオプションの組み合わせで、幅広い用途に対応する。ボディカラーは白/黒の標準色、ミントブルー/黒、リーフグリーン/黒、ティーブラウン/黒の4タイプから選択可能。

 「Endeavor Pro3300」はPentium Dプロセッサ対応タワーPCで、(1)最新のチップセット「955X Express+ICH7」、(2)PC2-5300デュアルチャネルDDR2 SDRAM、(3)HDオーディオ――などを搭載。シリアルATAII対応HDDを最大4基内蔵可能で、RAID0、RAID1に加え、ミラーリングによるデータ保護とストライピングによるパフォーマンスを両立するRAID10に対応する。

 「Endeavor NT6000」は、低価格と高性能を両立した、Centrino モバイル・テクノロジ対応ノートPC。ビジネスからエンタテイメントまで活用できる。カラーは、グレーとシルキーホワイト、グレーとカシミアブルーの2タイプ。

 価格は、「Endeavor MR2000」が6万9300円から、「Endeavor Pro3300」が11万3400円から、「Endeavor NT6000」が9万9750円から。「MR2000」「Pro3300」は発売済みで、「NT6000」は6月3日17時から受注を開始する。

 価格改定では、既存モデルの「Pro3100」「NT9000Pro」「AT951」「NT2700」「NT340」をそれぞれ値下げする。値下げ後の販売価格例は、それぞれ最小構成価格の場合で、「Pro3100」が12%引きの9万9750円、「Endeavor NT9000Pro」を6.3%引きの15万5400円など。

 また、夏商戦向けキャンペーンとして、「新製品がお得!キャンペーン」「ハイスペックがお得!キャンペーン」「無線LANで快適インターネット!キャンペーン」を6月17日まで実施する。「メモリアップグレードキャンペーン」は7月19日まで。