ケンウッド(河原春郎社長)は、メモリ容量1GBのメモリオーディオプレーヤー「M1GA3」を6月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万1000円前後。カラーは、ホワイト、ブラック、ブルーの3色。

 同社は、メモリオーディオプレーヤー「M512A3(512MB)」「M256A3(256MB)」を2月から販売しており、国内音響専業メーカーならではの高音質再生と軽量・コンパクトな本体に多彩な機能を凝縮。今回、製品コンセプトをそのままに、大容量1GBモデルを発売することとした。

 1GBモデルは、音楽圧縮形式MP3/WMAに対応しており、約480曲の音楽データを収録できる。ボーカル帯域で艶やかな音質を実現する高音質ヘッドホンを採用しているため、1GBの楽曲を高音質で楽しめる。

 また、Windows Media Technologiesのデジタル著作権管理技術(DRM)に対応し、音楽配信サービスで購入した楽曲を再生することが可能。本体にはFMチューナー(ステレオ録音可能)やボイスレコーダー(高感度モノラルマイク内蔵)など、多彩な機能を搭載している。