バッファロー(斉木邦明社長)は、指紋認証機能を搭載したUSB2.0フラッシュメモリ“RUF2-Fシリーズ”「ClipDrive finger!」2製品と、100倍速コンパクトフラッシュ「RCF-GPシリーズ」3製品を5月下旬に発売する。

 「ClipDrive finger!」は、メモリ内のデータを保護できる指紋認証システムを搭載したUSBフラッシュメモリで、指紋読み取り用のパッドに指紋を当てなければデータの読み書きができない。第三者による盗難や改変からデータを守る。また、ケガなどで指紋が使えない時のため、パスワードでの認証システムも用意。さらに指紋認証を使ったユーティリティソフトを添付し、指紋認証によるスクリーンロックなど、パソコン自体のセキュリティにも配慮した。

 このほかの特徴は、(1)ファイルの暗号化機能を搭載、(2)本体に誤消去防止スイッチを装備、(3)シャツのポケットにも入るコンパクトサイズ、(4)マスストレージクラスに対応――など。ラインアップは128MB/256MBの2種類。価格はともにオープンで、実勢価格は128MBが8800円前後、256MBが1万2800円前後。

 「RCF-GPシリーズ」3製品は、撮影時の連写に強い100倍速を実現し、従来の45倍速よりさらに高速で転送できるコンパクトフラッシュ。一眼レフカメラでは、ニコン「D70」、キヤノン「EOS kiss デジタル」で動作確認済み。また、別売のアダプタに装着することでPC Cardスロットにも対応する。

 ラインアップは、512MB/1GB/2GBの3種類を用意。価格はともにオープンで、実勢価格は、512MBが9800円前後、1GBが1万8800円前後、2GBが3万4800円前後。