三洋電機は、地上・BS・110度CSに対応した液晶テレビ「CAPUJO(カプージョ)」シリーズ3機種を発売する。ラインアップは、デジタルハイビジョン32V型「LCD-32HD6(S)」(7月15日発売、36万2250円)、同27V型「LCD-27HD6(S)」(7月15日発売、28万8750円)、デジタル液晶テレビ20V型「LCD-20PD6(S)/(W) 」(6月21日発売、各18万9000円)。

 「LCD-32HD6」「LCD-27HD6」は、大画面でスポーツを楽しむのに適した高画質「スポーツモード」や、新開発高画質エンジン「VIZONエンジンIII」を搭載。「スポーツモード」は、スポーツの種類ごとに視聴者の見たい部分、番組の特徴を分析し、スポーツカメラマンの視点にも着目してスポーツ番組を5つのモードで表示できる。

 具体的には、「野球/サッカー/ゴルフ」「相撲/格闘技」「ウインタースポーツ」「マリンスポーツ」「マラソン/その他」5モードで、それぞれのモードに対して、最適な映像表現、音声表現を行い、そのスポーツの伝える興奮、臨場感を最大限に再現する。また、複雑な操作は必要とせず、リモコンで簡単に選択できるようにした。

 また新開発の「VIZONエンジンIII」は、「迫力のキレと深み」をコンセプトとし、コントラスト感を保ちつつ暗い部分の表現力を損なうことなく、細かい部分も鮮やかな高画質を実現する。ハイビジョン映像だけでなく、標準画質の地上アナログ放送、DVDやVTRからの映像にも対応。20V型の「LCD-20PD6」では、「VIZONエンジンLE II(ライトエディションII)」を搭載し、標準画質の地上アナログ放送、DVDやVTRからの映像信号を高精細に表現する。

 このほかの特徴は、(1)27V型では、年間消費電力量を同社従来比37.7%低減、(2)番組の合間のCMの音、映画での爆発音など、突然大きくなる音を自動的に小さくするスムース音量、(3)設定された時刻の間、音量とバックライトの明るさを自動で下げる「ナイトモード」、(4)USB2.0フルスピードモード対応デジカメ端子搭載、(5)側面D4入力端子搭載(LCD-32HD6、LCD-27HD6に搭載)――など。