デジオン(田浦寿敏社長)は、マルチトラック・サウンド編集ソフト「DigiOnSound5」と「同 Express」を6月17日に発売する。価格は「DigiOnSound5 スタンダード版」が4万7250円、「同 アカデミック版」が2万790円、「DigiOnSound5 Express」が1万290円。

 視覚的な波形で音を操作するサウンド編集ソフト「DigiOnSound」の最新版。他の多くのサウンド編集ソフトが最大2トラック(ステレオなら左右チャンネルのみ)しか扱えないのに対し、「DigiOnSound5」シリーズはマルチトラックに対応。「DigiOnSound5」はトラック数が無制限に扱え、「DigiOnSound5 Express」でも、最大6トラック、ステレオの3曲を同時に扱える。

 最新版では、ユーザーの要望に応え、音声品質、編集効果、操作性をさらに向上。新機能として、本格的なサラウンド/サウンドを実現する5.1チャンネルに対応し、視覚的に音像が設定できる「サラウンドパンナー」を搭載。さらに「DigiOnSound5」シリーズ共通の主な新機能として、(1)カラオケサウンドの制作もできるボーカルキャンセラー、(2)ノイズ除去に威力を発揮するパターン解析、(3)ワンタッチでエフェクトを選択できる「エフェクトランチャー」――などを搭載した。

 このほかの特徴は、(1)最大32ビット、192kHzの超高音質デジタルサンプリング、(2)音質と編集効率を両立する「非破壊型サウンドエンジン」を搭載、(3)Windows MediaやMPEG-1/2など多彩なファイル形式に対応、(4)リバーブ、ディレイをはじめ、特許出願中のノイズリダクション機能など多数のエフェクトを標準搭載、(5)CDライティング機能搭載で音楽CDの制作も可能――など。対応OSは、Windows XP/、Windows 2000 Professional(SP4以降)。