アイフォー(安藤健一社長)は、接続したネットワーク環境に合わせて、自動的にノートPCの設定を切り替えるユーティリティソフト「ネットスイッチNinja for ノートPC」を6月17日に発売する。店頭価格は8190円、「イーフロストア」でのダウンロード販売価格は6090円。ライセンス販売価格は、追加10ユーザーが5万2500円、同20ユーザーが9万4500円、同50ユーザーが21万円、同100ユーザーが36万7500円。

 「ネットスイッチNinja for ノートPC」は、ネットワーク設定、ファイル/プリンタの共有、Outlook Expressのアカウント設定、Windowsの壁紙変更などの設定を、接続環境の変化に応じて「自動的に、まとめて」切り替えることができるソフト。例えば「異なるネットワークへの接続」「AC電源からバッテリ駆動への切り替え」「ダイヤルアップ接続」など外的な環境変化を検知した時に、各設定を自動的に変更できる。その都度、個々の設定項目のプロパティウィンドウを開き、1つ1つ手動で変更していた手間を省く。

 現在、ノートPCの多くにプリインストールされている同種ソフトよりもはるかに高機能で、トリガー(条件)として利用可能な項目、切り替え可能な設定内容も豊富。「プリインストールソフトとの機能格差は大きい」としている。