パイオニアは、DVD5.1chサラウンド・システム“Smart theater(スマートシアター)シリーズ”の新製品として、「HTZ-535DV」「HTZ-333DV」「HTZ-232DV」の3機種を6月下旬に発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は、「HTZ-535DV」が6万5000円前後、「HTZ-333DV」が5万円前後、「HTZ-232DV」が3万5000円前後の見込み。

 最上位モデル「Smart theater 535」は、リアスピーカーに「デジタルワイヤレス」方式を採用。スピーカーケーブルを使わずに、すっきりとセッティングできる。なおフロント、センタースピーカー、サブウーファーは従来どおりケーブルで接続する。また、最短で2分で、各スピーカーの音量、距離、音質を最適な状態に設定する自動音場設定機能「MCACC」を搭載した。

 「Smart theater 333」は、「535」と同様、自動音場設定機能を搭載し、すべてのスピーカーを前方に設置しても本格的な5.1chサラウンドが楽しめる「3スポットフロントサラウンド」を採用。これは同社が独自開発した技術で、エントリーモデル「Smart theater 232」にも搭載されている。

 そのほかの主な特徴は、(1)独自の音場技術「DIRECT DIFFUSE」を搭載、(2)コンパクトサイズでスリムなデザイン、(3)片面2層DVD-R DLを含む多彩なメディア・フォーマットのディスク再生に対応、(4)BS/地上デジタル放送の再生が可能な「MPEG-2 AACデコーダー」を搭載(535・333のみ)、(5)ドルビーデジタルやDTS、ドルビープロロジックIIに対応し、本格的なホームシアターを実現するさまざまな機能を搭載――など。