ソニーマーケティングは、手軽に1080i方式の高精細ハイビジョン映像を記録できるデジタルHDビデオカメラレコーダー“デジタルハイビジョンハンディカム”「HDR-HC1」を7月7日に発売する。価格はオープンで、市場推定価格は18万円前後。

 「HDV規格」を採用し、従来のミニDVカセットにハイビジョンの高画質映像(MPEG2圧縮)を記録できる。記録時間も「DV規格」と同じ最長80分を実現した。この「HDV規格」で記録したハイビジョン映像は、ハイビジョン対応テレビで再生できるだけでなく、ハイビジョンに対応していないテレビでも、従来のSD(スタンダードディフィニション)画質に変換して再生できる。また、従来の「DV規格」での記録・再生にも対応する。

 このほかの特徴は、(1)ハイビジョンカメラとして業界最小サイズのコンパクトボディ、(2)CMOSセンサーなど、デジタルハイビジョン記録を実現するソニー独自の高画質技術を採用、(3)HDとSDテレビで再生できる多彩な映像出力機能、(4)高精細な写真撮影ができる静止画撮影機能――など。