キヤノンは、手ぶれ補正機能付き光学12倍ズームレンズと高画質の動画機能を搭載したデジタルカメラ「PowerShot S2 IS」と、高性能映像エンジン「DIGICII」によって、画質とプリントスピードを大幅に向上したコンパクトフォトプリンタ「SELPHY CP600」を6月2日に発売する。価格はいずれもオープンで、実勢価格が「PowerShot S2 IS」が6万円前後、「SELPHY CP600」が2万7000円前後の見込み。

 「PowerShot S2 IS」は、手ぶれ補正機能付き高倍率ズームと動画撮影機能などで好評の「S1 IS」(04年3月発売)の後継機種。手ぶれの発生しやすい望遠撮影で効果を発揮するシフト式光学手ぶれ補正機構を搭載し、ズーム倍率を従来の10倍から12倍へと高倍率化した。さらに、CCDを3.2メガピクセルから5.0メガピクセルに、映像エンジンをより高性能な「DIGIC II」にパワーアップし、大幅な高画質化を実現している。

 動画機能では、記録音声のステレオ化に加え、サンプリング周波数を約22kHzから約44kHzへと高め音声のクオリティーを向上させた。VGAサイズ、毎秒30フレームでビデオカメラにも迫る本格的な動画を撮影できる。動画撮影開始はムービーボタンを押すだけの簡単操作。動画撮影中にも静止画の撮影が可能な「フォト・イン・ムービー」機能も搭載している。

 このほかの特徴は、(1)起動時間の短縮やAFの高速化、(2)バリアングル液晶モニタが1.8型に大型化、(3)被写体にほぼ密着する程度まで近づいても撮影できる「スーパーマクロ撮影」機能、(4)カメラだけで簡単に色変換/強調が行える「マイカラー」機能――など。

 一方の「SELPHY CP600」は、モバイルタイプの昇華型コンパクトフォトプリンタ。簡単な操作で銀塩写真なみの高画質と高耐候性(アルバム保存で100年)のプリントが得られる

 プリンタとしては初めて、映像エンジン「DIGIC II」を搭載。人が見て美しいと感じる記憶色に基づいた色再現処理が可能となった。解像感や階調性も向上し、大幅な高画質化を実現している。また、撮影シーンを自動解析する「iSAPSテクノロジー」で、撮影者の意図を反映して最適な明るさやコントラストに自動補正してプリントできる。

 プリント時間はLサイズ1枚あたり約54秒。紙送りモーターの高速化などで従来機種の「CP330」から約16秒短縮した。このほか、赤外線通信機能によるカメラ付き携帯電話からのワイヤレスプリントにも対応した。