東芝は、HDD&DVDレコーダーの新製品3機種を6月中旬から順次発売する。ラインアップは、2番組同時録画機能「W録」に加え、「おまかせ自動録画」などの新機能を搭載した「RDシリーズ」の新モデル「RD-XS57」「RD-XS37」と、簡単予約・簡単操作が特徴の「カンタロウ AK-G200」。

 「RD-XS57」と「RD-XS37」は、DVD-R DL(2層)に対応し、HDDに録画した番組をVideoモードで2層ディスクに保存することができる。また、予約録画機能の強化を図るため、好きなタレントや歌手の名前などのキーワードを登録するだけで自動的に録画できる「おまかせ自動録画」を新たに追加。さらに、放送時間が変更されやすい深夜番組などの時間変更に対応可能な「番組追っかけ」機能、プロ野球のナイター中継の時間延長に対応する「スポーツ延長」機能などを搭載する。

 このほか、ブロードバンド環境に接続すれば、全国のRDシリーズのユーザーの録画予約ランキングやおすすめ番組を閲覧できる「おすすめサービス」機能を利用可能。

 一方、「カンタロウ AK-G200」は、使いやすさを重視し、操作ボタンを少なくした「かんたんリモコン」や、分かりやすいメニュー画面表示などを採用。DVDへの保存よりも録画と視聴の繰り返しを好む、いわゆるタイムシフト層といわれるユーザーや、充実した編集機能よりも簡単な操作でHDD&DVDレコーダーを利用したいユーザーに向けた新コンセプトの商品とした。

 いずれも、同社が創立130周年の期間中に、戦略性の高い商品として位置づける「T130商品」の1つとして発売する。価格はオープンで、実勢価格は、「RD-XS57」が10万5000円、「RD-XS37」が8万5000円、「カンタロウ AK-G200」が7万5000円。